メンズ

多くの人が悩む偏頭痛|サプリを飲んで痛みを緩和しよう

糖尿病にならないために

血液

日常生活で大事な要素

健康診断などで血液検査を行うと、その結果の一覧にヘモグロビンa1cの数値結果を表すことが多いです。ヘモグロビンa1cとは、血液中にヘモグロビンと糖が結合している状態のことをいい、血液検査ではその量がどのくらいあるかを調べることができます。ヘモグロビンa1cの量については、6.2未満であることが望ましく、それ以上の数値があると、保健師などから指導がいく場合があります。ヘモグロビンa1cが高い人には、いくつか共通点が見られます。例えば、甘いものが好きな人が多くいます。その理由としては、ヘモグロビンが血液中の糖と結合している割合が多いことから、普段から糖分の多いものをたくさん摂取している可能性が高いからという理由が挙げられます。また他の理由としては、体質的な問題もあります。例えば、家族に糖尿病の人がいたり、血糖値が高めな家系にある人は、その遺伝子を引き継いでいるため、体質にも表れやすくなります。ヘモグロビンa1cが高いと、糖尿病になるリスクは高まりますので、そういう家系にある人は注意が必要です。では、ヘモグロビンa1cの数値を正常値に戻すためには、日常生活の中でいくつか行える方法があります。まず1つに、食事が挙げられます。食事を摂取することで血糖値が上がりますが、血糖値を急激に上げないように、糖分の少ない野菜類から食べることが大事です。また他の方法としては、運動が大事になってきます。運動で肥満を防ぎ、病気になりにくい体を作ることが必要です。

Copyright © 2017 多くの人が悩む偏頭痛|サプリを飲んで痛みを緩和しよう All Rights Reserved.